検索
  • 彩加 植杉

お久しぶりです(*^^*)


皆さんお久しぶりのだるまです(*^^*)

夏休みも終わり、学校が始まっている家庭も多いのではないでしょうか??

夏休みの自由研究とか懐かしく感じます。

そういえば、最近思うのですが、なんでだるまって『赤』ってイメージがあるんでしょうか??

気になったので少し調べて見ました(*^^*)


本日のだるまの雑学

みなさん。

なぜだるまは『赤い』のか。

疑問に思ったことはありませんか??

青色や黄色といった他のカラーのものもありますが、やっぱり赤色のイメージが強いですよね??

私も実際「だるま=赤」のイメージです(*^^*)

--−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

では何故、だるまは赤色のものが多いのでしょうか?

--−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

だるまは、禅宗の始祖・達磨大師(だるまたいし)をモデルにしているといわれています。


お坊さんの衣は、位によって色が分かれています。 禅宗では、大僧正だけが赤い衣を着ることができます。

つまり、だるまの赤色は、禅宗を開いた達磨大師に敬意を表すための赤色なんです。

ちなみに、だるまの手足のない姿は、座禅の修行をしている姿を表しているそうですよ(*^^*)

だるまが赤い理由は、赤い衣を着ていた達磨大師の存在がモデルだったため。

ってことですね(*^^*)

ちょっとびっくりです。

てっきり「赤のほうが目立つから。」「日本は赤が好きだから。」とかそんなイメージでしたが、ちゃんとした理由があったんですね(*^^*)


1回の閲覧

Copyright(c)  尾道ラーメンだるま 2017 All Rights Reserved.